いろいろ印鑑事情

イメージ画像

ちょっと近所の文房具店に行ってみたり、100円ショップをのぞいてみたり、インターネットショッピングで、印鑑やさんのホームページをのぞいてみると、非常に安売りされた印鑑を目にすることがあります。印材も安く、どこでも手に入れられるような三文判ですと100円以下の値段で、印鑑を買うことだって出来るのです。

安いからといって、使いづらいといったわけではありません。これを使って、銀行口座を作る人もいれば印鑑登録をする人だっています。そのため、これで大事な書類のすべてをこなすことだって出来るわけです。

ですが、高級志向の印鑑だって数多くあるのです。どうしてこのように、安いものと高いものとで、極端に二分化されるようなことになったのでしょうか。

それは、最近の人たちの印鑑へのこだわり方が関係しているといえます。かつて印鑑は重要なものだからと考え、お金をしっかりかけていい物をつくりたいと思う人が多かったのですが、最近ではそうでもなく、安く済ませることが出来るのならそのほうがいいと考える人も増えてきているのです。時代が変われば、人々の考え方も生活環境によって大きく変わりますから、特にこだわりがいなら、安くてもかまわないというわけです。

そのため、既製品の印鑑は世の中にあふれ、売れ残ってしまっているようなものもあります。それらが激安で売られてしまうようなこともあり、安く済ませる人は、それらを上手に利用することで印鑑を手に入れているとも考えられます。

このページの先頭へ